全日本児童音楽協会 

2017©All-Japan Association of The Creation of Children's Songs.all rights reserved.

全日本児童音楽協会(AJACCS)
All-Japan Association of The Creation of Children's Songs. 
一般社団法人 日本音楽作家団体協議会(FCA)会員。

お知らせ

 
 
全日本児童音楽協会が主催する以下のイベントは新型コロナウイルス感染拡大防止のため
無観客公演で実施することになりました。
公演の模様は専門業者により撮影し、後日動画配信サイトにて配信を予定しております。
 
・8月11日:第65回新しい子どもの歌コンサート(渋谷区総合文化センター大和田伝承ホール)
・9月5日:全日本児童音楽協会創立60周年記念コンサート(北とぴあカナリアホール)

60周年記念!作詞コンクール

 
 

 
 
  全日本児童音楽協会は幼児・児童向け音楽の創作と普及を目指し1960年に設立され2020年で60周年を迎えました。  今なお愛唱されている唱歌「うみ」、「チューリップ」などの作曲者井上武士初代会長以来、NHKの楽曲制作で活躍した桑原研郎氏や「すいかの名産地」、「メリーさんのひつじ」など多くの子どもに向けた歌の名訳を手掛けた高田三九十氏などが会長を歴任し、子どもの音楽文化を生み出す努力を重ねて参りました。毎年作詞・作曲家の会員達が相互に協力し多くの子どもに向けた楽曲を生み出し続けています。
  様々なメディアの進化と共に、子どもたちを取り巻く環境も大きく変わりました。今ここに「子どものうた作詞コンクール」を制定し一般に広く歌詞を募集し「今を生きる子どもたち」に向けた新たな子どもの歌の創造を目指します。
 

全児作詞コンクール募集要綱はこちら.pdf

 
初代会長 井上武士先生作曲 〈うみ〉

全日本児童音楽協会 会長 よりメッセージ
新たな異世界へ向かって


 
 新型コロナウイルスの世界的感染拡大が猛威を振るっています。2020 年 1 月 16 日に「新 型コロナウイルスを日本で初めて確認」と厚生労働省が発表してから、4ヶ月が経ちまし た。新型コロナウイルスは、約半月ごとに遺伝子変異し、2020 年 5 月 16 日現在で 17 種類 が確認されています(日本経済新聞)。変異している同ウイルスの感染自体を防ぐことは非 常に困難な事象と推察します。今後、我々の生活や考え方も新たなものになっていく可能性 があります。同ウイルスの変異を認め、我々人間が極端な進化をしなければならい状況下に あるのかもしれません。
 私は作曲家であり、音を使って美を表現する「音楽」という世界において“新しい”とは何 かという問いかけを、作品を通して行っています。新しくあろうとすることは、挑戦であり、 実験であり、またある面では、危険であり、失敗をも伴います。曲を創るときの作曲家、そ してそれを音に具現化して音楽を表現するときの演奏家は「ワクワク」しています。このワ クワク感は、創っている音楽のエネルギーの根幹を成します。たとえその音楽が失敗に終わ ったとしても音楽の世界では「その後に消えてしまう」と言う悲しい報いに留まり、それが 命に関わることはないでしょう。存在していたものが「無」になることほど悲しいことはあ りませんが。
 このように“新しい”を研究している私が、現在の新型コロナウイルス禍との共存を考える 時に「ワクワク」をなしにした“新しい”はあり得ません。同ウイルスが猛威を振るう以前と 今、そしてこれからの未来を考えると、同ウイルスによって、不本意ながらも変わらなけれ ばならい事項や事象があったとしても、それは、以前より劣っている、不幸である、と言う ことと同意ではないと期待します。新しいと言うことは、過去に無いことであり、それは進 化していく現象であり、希望を伴う現象です。物事の価値観が変わる事とも言えます。
 音楽の世界で言うと、調性音楽が主流であったヨーロッパの音楽が現代の音楽では無調音 楽に発展しました。無調音楽を調性音楽と思いながら聴いたら「 が からない」と言う事 になります。 事に えると“おは ぎ だ 信じ て“未体験 ハンバ グ ”を 食べ た時の 気持 ちと ているでしょう。
の世界への「ワクワク感」は「希望」であり、非常に大 です。新しいことは過去に はないので、 えば、10 人 中 9 人が「この物体は 」と言っている 「この物体は 」と 発言する行 ています。とても 勇気 のいる行 です。「この物体は 」と える ミ ング が後へくればくるほど 勇気 が 必要 になります。
 新型コロナウイルスの感染拡大の猛威があり、 5G 導入 が今後 見込 まれ、我々の生活も 変わりしていくでしょう。これは、た だ単 に「変わる」と言った同 次元 での「変化」では 無く、進化と言う「異 次元 による世界」「新たな観 が生ん だ 異世界」と 想像 できるのでは 無いでしょうか。この「異世界」に 突入 するには、 果敢 勇気 と希望に ちた思考が 必要 で す。この 勇気 と希望を根 き、 面した事項に ち向かう 姿勢 が大 切だ と考えます。音
楽を創る時、 後の 後までどのようにしようかと 混迷 り、 後の 一歩 で、前に 踏 み出 します。この 一歩 は、 偶然 であったり、 必然 であったり 々です。そして、 一つ の新た な異世界が創られるのです。
 パ ンドラ 後の 一つ は「希望」です。それまでの「禍」を ばすのは希望 です。 教育 生に自 の希望を る行 為だ と私は思っています。
 東 日本大 震災 時に「音楽を奏に」「 応援 をしに」現 へ行った音楽家が、「今はそれどころ では無い ! 今はそんな 気持 ちになれない ! 」と現 の人の りを生んでしまったと言う も聞いています。現在では「 YouTube 」や「 TikTok 」などの楽しい が 々な 形態 して音楽とともに しさを えてくれています。人間が 3 00 年 くも共存を してきた 「ク ラシ ック音楽」、その で う「現代音楽」、それとは い方の「 ポピュラ ー音楽」、 そして、「 ド の音楽」「イ タリア の音楽」「 フラン スの音楽」「 アメリカ の音楽」「日本の 音楽」「 ⺠族 音楽」など 多様 な音楽が私たちの 興味 をかき てます。人間が い間共存して きた「音楽」は“新しい”とは無 ではありません。新しい作品がなくなると「進化 発展」 では無く「伝 」となります。そしてそれは、世界が終わる事を意 します。
音楽と共生してきた我々の 社会 が終 えるとは考えられません。 第二次 世界大戦を 彷 彿 とさせる禍「新型コロナウイルスとの戦い」、どう ぞ皆様 と共に えて行こうではあ りませんか。禍を 転じ ! 後のお れの時に うことが されない」と言うような 非人 的な 社会 が いてはなりません。
 私が音楽から だ ことを に現在の 心境 かせていた だ きました。音楽は ビタミ ン! 創作は挑戦 ! 実験 !勇気! 希望 ! です。 皆様 と新しい 社会 を作りたく考えています。
後になりましたが、新型コロナウイルス禍によって命を われた方のご 冥福 からお りいたします。 医療従 の方々へ から感 上げ ます。
2020 年 5 月 25 日

NEWs

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 新しい子どもの歌2019が刊行されます!!

 
 
 
 
 
8月1日に開催する「新しい子どもの歌コンサート」にて初演される楽曲は株式会社ハンナより全国書店・楽器店等で全国発売されます。発売は7月20日を予定しております。
お求めはお近くの書店・楽器店よりご購入ください。
 
 
 
 

株式会社ハンナ
03-5721-5225